ホーム>スタッフブログ>2012年1月
  • トップページ
  • 三市郎7つのこだわり
  • 料金
  • 事例集
  • ブログ
  • 会社概要

2012年1月

奈良県被災建物危険度判定士講習会に参加しました

近年、短い期間に阪神淡路大震災、東日本大震災などはじめ大きな自然災害が続いています。このような災害で残念ながら発生する被災建築物が、二次被害をもたらすことも多々あります。例えば被災建築物 の屋根から瓦が落ちて通行人を傷つけたり、自然に倒壊して、復旧用道路をふさいだり等です。私たち建築専門家として、被災地におもむきこれらの建物の危険度をA・B・Cランクに判定して振り分け「危険」「要注意」と、とりあえず危険のない「調査済」の3種類のステッカーをそれぞれの建物に貼り付けます。(これは被災建物の評価をするものではありません)

これで、被災地域の皆様がすこしでも安全に過ごせるようになればと願っています。

1月25日 奈良県社会福祉総合センター(奈良県橿原市)にて

建物危険判定講習会1.jpeg 建物危険判定講習会2.jpeg
当会場では、約100人が受講しました。

財団法人 日本建築防災協会・全国被災建築物応急危険度判定協議会の講習会資料

田原本の長期優良住宅の家 完成

奈良県田原本で進めていました耐震性と省エネルギー性を重視した長期優良住宅(国の推奨)の家が完成しましました。今日(1/20)完了検査を受けて無事、検査済証を受領しました。まだ出来たてで庭の外構も清掃もいきとどいていませんが、外観は写真の通りです。将来の二世帯を考慮して南西の部分に増築可能スペースを確保しました。とりあえずこのスペースは外構工事でウッドデッキにします。このウッドデッキ は外部リビングの感覚で使えます。

田原本の家2.jpeg 田原本の家1.jpeg
西 ファサード 2階ホール勉強コーナーと吹抜の開放感のある手摺

奈良 斑鳩の家設計開始

昨年から計画中の「斑鳩の家」の実施設計、申請上の手続きに入ります。

場所的に“斑鳩の里”をイメージされる、のどかな場所です。
第三種風致地域内でもあり落ち着いた感じの二世帯住宅になります。

申請的には、まず開発許可申請要不要の手続きに入りました。 

 

斑鳩の土地.jpeg 斑鳩の家パース.jpeg
「斑鳩の家」の予定地からの眺望はのどかです。  敷地の段差をそのまま生かした計画です。

 


明けましておめでとうございます。

120101_123801.jpg 120101_121245.jpg 120101_123145.jpg
神社参道 拝殿前石積階段 拝殿にてお参り

2012年元日、地元氏神様 添御懸巫神社(ソウノミアガタニイマスジンジャ) に新年のご参拝に参りました。毎年恒例ですが、今年は参拝者が多いいように感じました。

昨年の東北大震災から年が改まり、皆様の今年にかける思いが伝わってまいります。

私共も、発展と平安な年でありますよう、また被災者の皆様には1日も早い復興  お祈りして、神社を後にしました。