ホーム>スタッフブログ>2013年2月
  • トップページ
  • 三市郎7つのこだわり
  • 料金
  • 事例集
  • ブログ
  • 会社概要

2013年2月

奈良市富雄の添御県坐神社の恵美須大祭

2月3日に商売繁盛、幸福、繁栄を祈願して神符、福笹

甘酒、福豆、大根炊きの振舞いなどをうけました。

今年はお天気にも恵まれ日曜日と重なった為か大勢の参拝客でした。

「今年も一年間健康で幸せに暮らせますようにconfident

 

添御県坐神社(そうのみあがたにいますじんじゃ)は皇室の食糧をまかなう土地の安寧と

収穫の豊饒を祈る三碓の鎮守社として国の重要文化財に指定されています。

CIMG5686s.jpg CIMG5688s.jpg CIMG5691s.jpg

建物耐震診断の講習会に参加しました。

今回の建物耐震診断の講習会は、現建築基準法によらない古民家や寺院など

古い木造建築物に対する構造耐震診断方法と

強度不足建物に対する改修方法でした。

 

この方法で建築基準法(昭和25年施行)以前の古民家の耐震対策が可能になり

安全に再利用出来る様になります。

CIMG5679s.jpg CIMG5680s.jpg CIMG5684s.jpg
     

鹿児島県屋久島の「自然素材いっぱいの家」

鹿児島県屋久島の「自然素材いっぱいの家」

屋久島は世界自然遺産・太古の森、九州最高峰の宮之浦岳

九州から北海道の気候が1つの島で見られる「東洋のガラバゴス」とも称されています。

 

早いものでプラン(基本計画)を手掛け2年の月日がたちました。

若いご夫婦の夢と4人のお子さんののびやかな成長を願って自然素材満載の家が完成しました。

屋久島はtyphoon台風の通り道と成っている事から、平屋建てが一般的です。

 

風土に合った島独特の「家」の建てかたが有る事から

島の建築士さん、大工さんが中心となり沢山のアドバイスを頂いて完成しました。

 

内装も一般的に昔ながらの全室木使いに成っています。(これも屋久島の特徴でしょうか?)

室内の家具も殆ど大工さんの造り付けです。

湿度の調節、健康にも良いですね!

 

最近では塗壁、クロス貼りも多く用いられるようです。

 

昨年12月に入居されました。

が、間もなく子供達に障子を破られました・・・・他、イロイロ(@_@;)shock

 

大自然いっぱいの島でのお子様の健やかな成長を願って!

 

平屋造り

延べ面積:135㎡(40.8坪)

DSCN3852s.jpg DSCN2968s.jpg
外観・平屋40坪 棟上
DSCN2978s.jpg DSCN3815s.jpg

紅白のお餅やお金をアルミホイールで包みまきます。子供達に人気のお菓子もまきます。

                       部屋のほとんどが木使いです。