ホーム>コンセプト>快適な住空間、木造在来工法
  • トップページ
  • 三市郎7つのこだわり
  • 料金
  • 事例集
  • ブログ
  • 会社概要

快適な住空間、木造在来工法

5.快適な住空間、木造在来工法

木造在来工法

木造在来工法とは

梁(ハリ)と柱を主体とし筋交いや構造板で構造的な壁をつくる一般的な木造の工法です。

特に地球温暖化の問題でCO2低減の為、国としても国策として国内林業育成に力を入れています。

また、木材はコンクリートや鉄骨と違い唯一リサイクル可能な建築主材料として、昨今注目されています。

(伐採⇒建築⇒植林⇒育成⇒伐採・・・・)

木材は構造的な制約が少なく、お客様のお好きな配置や間取り等、細かなデザインも可能です。

後の増改築についても自由な間取りの変更が可能というのも特長の一つです。

この工法は日本の風土や気候に適し、通気性に富むので、快適な住空間を生み出します。